maruu

人生を美しく遊ぼう

menu

TEL.06-6625-2303

7月の誕生石 「ルビーの指輪」

あべのハルカス近鉄本店、天然石アクセサリーショップMARUUです。

 

 

7月の誕生石、ルビーのTSUBOMI(つぼみ)リングのご紹介です。

 

 

後半は寺尾聰の歌「ルビーの指輪」の話つながりがありますので、
ザ・ベストテンの昭和生まれの方は、
それぞれの思い出が蘇ってくるかもしれませんので
宜しければご一読くださいませ。

 

 

ブログで3回、ハニカムのシリーズのリングの
重ね付けを掲載し、その後、ありがたいことに
お問合せやご要望を頂きまして、TSUBOMI
リングも載せていこう!というか、
皆さんに着画がわかりやすいのは
当たり前なので、少しずつですが
色んな組み合わせの掲載をして参りますね!

 

こちらのインディアンルビーは、
誕生石として選ばれるというより
単純に色味が人気なんです。

 

当初は、この不透明な紫っぽいルビーの色味が
どう思われるかな?と思いましたが、
絶大な人気色のひとつです。

 

着けてみると、大人女子の差し色にもなりますし
画像のグリーンアベンチュリンとも
キャンディーのような、可愛さと
アンティークな雰囲気。
アメジストとの組み合わせにすると、
甘すぎない可愛さも倍増です。

デイリー使いのルビーの指輪で
一味違うものをお探しの方がいらっしゃいましたら、
ぜひ一度ご試着くださいませ。

 

私は「ルビーの指輪」と聞くと
つい寺尾聰の
♪く~も~り~硝子の向~こうは風の街♪
を思い出します。

 

寺尾聰は歌手だと思っていたのですが、
実は元々俳優で、大病を患い、
俳優業が続けていけず、あれこれと
身の周りのものを売っていき
昔にバンドをしていた頃の曲もお金に換えれないかと
レコード会社に売り込みにいったそうです。

 

受け入れてくれたレコード会社から
自分で歌ってみれば?という提案から
まさかその曲を自分が歌って
あんなにヒットするなんて思ってなかったとのこと。

 

人生、どん底に落ちても
その後、そんな展開が待っているなんて
人生はやっぱり捨てたもんじゃないですね。

 

「ルビーの指輪」

 

レアな石や貴石、半貴石
それぞれの石の綺麗さももちろん
それプラス、私はリングを通して
その先に人生を味わって頂けるような
そんな何かを伝える仕事がしたいです。

 

ただ人が羨むような贅沢な暮らしを目指すより
幸せの一体感というような人生の曲のような何か。

 

ザ・ベストテンといのは、昭和の音楽番組で
当時、毎週のように見ていました。

 

まぁ、寺尾聰のファンではなかったのですが
欧陽菲菲(オーヤンフィーフィー)とか
中森明菜とか松田聖子とか
とりあえず音楽テープを作ろうと
小学生の私は、姉と一緒に
カセットデッキをテレビ画面の一番近くに
持っていき、録音開始の準備。

 

 

まずは松田聖子から録音。

 

姉「今から歌録音するから、絶対声だしたらあかんで」
真剣な姉の顔。

私「うん。。。」
絶対失敗したらあかんと悟る。

 

松田聖子の歌が始まる数秒前に
ばっちりのタイミングで録音開始。

 

歌が始まり、声をだしてはいけない空気感に
私は緊張したまま
テレビ画面を見つめる。

 

しかし松田聖子が歌いながら
ステージを歩いている途中でつまづき、
私は思わず「あ゛ーーー!」
すかさず姉が「声だしたらあかんてゆったやん!!!」

 

初めて録音しよ~って時に限って、なんでつまづくん??

 

と、そのやりとりも
全部ばっちり録音されておりました。

あのカセットテープ、とっくに処分してしまっているけど
また聞いてみたい。

 

くだらない日常が
今となっては愛おしいですね(笑)

 

ルビーの指輪と何ら関係ない話。

 

でも、物にも、出来事にも
それぞれに心が宿って
膨らんで、一体感となる幸せが
一瞬の満足感よりも
大きな幸福感を味わえるような気がします。

 

ルビーの指輪からの個人的な回想録。

 

皆さんの子供の頃には、どんな回想録がありますか?

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。